ゲーム記事

新型スイッチ「Nintendo Switch 有機ELモデル」の発売日や予約開始はいつ?機能はどうなの?

こんにちは、Genn(@GennJump)です。

今回は新型スイッチ「有機ELモデル」の機能を旧型の「Nintendo Switch」と比較・解説をしていきながら購入に向いている方とそうでもない方にも触れていきます。

1.Nintendo Switch「有機ELモデル」発売日等概要

Nintendo公式チャンネルより
発売日 2021年10月08日
予約開始 9月下旬予定
価格 37,980(税込)
公式サイト 任天堂
画像 PV内スクリーンショットそれ以外の場合は引用元を記載

2.旧型との違い

ここでは新型の「有機ELモデル」と旧型との特に大きな違いを中心に解説していきます。

2.1.ディスプレイ

旧型 6.2インチ
新型 7.0インチ

新型は”有機ELモデル”というだけあってディスプレイも有機ELなので旧型よりも鮮明な画質でゲームを楽しむことができます。

2.2.フリーストップスタンド

旧型は本体後部の片側でしか支えられない、語弊を恐れずに言うとやや頼りなさげなスタンドでした。


それに対して新型の方は、本体の後部の半分がスタンドになっていて角度が自由に設置できるようになっているのと同時に安定性も格段と向上しています。

2.3.有線LAN端子

有機ELモデルのドックの背面には2つのUSB端子とテレビに接続するHDMI端子のほかに有線LAN端子も追加されています。

旧型で有線に切り替える場合は別売りのLANアダプターが必要になるので手間が1つ減ることになります。

2.4.メモリーが2倍に

旧型の本体メモリーが32GBに対して有機ELモデルの方は2倍の64GBになっています。

当然SDカードで拡張も可能になっています。

2.5.スピーカーも性能が向上

画像参照:Nintendo公式サイト

スピーカーもサウンドがよりクリアになっています。

3.スペック比較

項目 Nintendo Switch Nintendo Switch(有機ELモデル)
価格 32,978円(税込) 37,980円(税込)
プレイモード TVモード

テーブルモード

携帯モード
TVモード

テーブルモード

携帯モード
遊べるソフト すべてのNintendo Switchソフト

すべてのNintendo Switchソフト

※一部の「Nintendo Laboシリーズ」においてゲーム体験に違いが生じる。
Joy-Con 1セット付属 1セット付属
Nintendo Switchドック 1台付属 1台付属
有線LAN端子 なし あり
バリエーション グレー/ネオンブルー/ネオンレッド


ホワイト/ネオンブルー/ネオンレッド

背面スタンド 固定式スタンド フリーストップ式ワイドスタンド
本体保存メモリー 32GB 64GB
サイズ 縦  102mm
横  239mm
厚さ   13.9mm
縦  102mm
横  242mm
厚さ 13.9mm
重さ 約398g 約420g
ディスプレイサイズ 6.2インチ(液晶ディスプレイ)  7.0インチ(有機ELディスプレイ)
バッテリー接続時間 約4.5-9.0時間 約4.5-9.0時間
HD振動 〇(付属のJoy-Conに内蔵) 〇(付属のJoy-Conに内蔵)
モーションIRカメラ 〇(付属のJoy-Conに内蔵) 〇(付属のJoy-Conに内蔵)

4.まとめ

「有機ELモデル」がオススメの方

①今からNintendo Switchの購入を検討している。

②テレビではなく本体の携帯あるいはテーブルモードで遊ぶことが多い。

値段も旧型と5000円ほどしか違わないのでこれからNintendo Switchの購入を検討している方はこちらの「有機ELモデル」をオススメします。


「有機ELモデル」が向かない方」

①TVモードでしか遊ばない。

②画質に特にこだわりがない。

今回「有機ELモデル」は上述した通り、TVモードをメインで遊んでいる方にはほぼメリットがありません

背面の有線LAN端子が新型にはついているというアドバンテージがありますが、それも別売りの2~3,000円のLANアダプターを購入すればいいだけの話で、それだけのために4万円近く出すのも少々厳しいかもしれません。

記事作成:Genn(@GennJump)