ゲーム

【レビュー】「バイオハザードRE:3 Raccoon City Demo」ネメシスの威圧感が凄い!

こんにちは! Genn(@GennJump) です。

今回は3/19に配信開始になった体験版「バイオハザードRE:3 Raccoon City Demo」のレビューをしていきます。

クリア時間は初回はおよそ40分くらいでした。慣れると20分くらいでしょうか。前作同様に敵が硬い!

  1.「バイオハザードRE:3 Raccoon City Demo」 概要

配信日 2020年3月19日
ジャンル サバイバルアクション
開発 カプコン
ハード

PS4

公式サイト バイオハザードRE:3
製品版発売日 2020年4月3日
画像 ゲーム内スクリーンショット、引用の場合は引用元も転載しています。

 2.アクションゲームに特化した動き

前作(バイオハザードRE:2)にはない緊急回避というアクションがあり、アナログスティックの押す方向に回避できるという優れモノ(確かオリジナル版にはあったはず)です。

今作もゾンビが硬く、頭部に当てても中々倒れてくれないので近づかれたら即座に距離を取りやすい緊急回避はとても重宝します。

 3.つい周囲をぐるりと見まわしたくなる風景

荒廃したラクーンシティにもクスリと笑ってしまうようなところが個人的にありました。それが下の画像になります。

自分がポスターになっているのを見たジルの心境はいかに?

少し暗いですが、地下鉄のポスターに製品版の販促ポスターが普通に貼ってありました。

製品版でここがどうなっているのか気になりますね。

 4.ネメシス戦は大変そう

最後にネメシスと戦うのですが、威圧感が半端なかったです。

「RE:2」のタイラント的なものを想像してましたが全然違いました。
ともかくチートみたいな動きをしてきます。

動きが早いし、何とか逃げた先にゾンビはいるしで本編では苦労するであろうことは間違いないという印象でした。

 5.気になった点

製品版ではどうなっているのか不明ですがここは直っていると良いなと思い書いていきます。

 5.1難易度を下げると戻せない

ゲームオーバーになったときに選択できます。
難易度を下げられるのはありがたいのですが、一度下げたら戻せないという仕様はちょっと気になりました。

 5.2画面が暗い

使用しているテレビにもよるのかもしれません が、画面が全体的に暗く見づらかったです。

設定で「画面」の明るさを変えてある程度解消はできましたが、前作では画面の明るさを変更しなくても遊べたので少し気になりました。

 6.まとめ

前作「バイオハザードRE:2」にあった美しい映像と恐怖感を確かに感じさせながらもネメシスというアクション性を高める要素もあり、発売に期待が持てる体験版でした。

「バイオハザードRE:3」は4月3日発売です!
今日も読んで頂きありがとうございました!
記事作成: Genn(@GennJump)