ゲーム

【クリアレビュー】「仁王2」:最近ゲームに飽き気味?歯応えのあるゲーム、オススメします!

こんにちは!Genn(@GennJump)です。
今回は「仁王2」のクリアレビューとなります。

「死にゲー」と言われるゲームを遊ぶ最大の醍醐味、ミッションを達成(主にボスを討伐する)する時に得られる達成感は本作でもバッチリでした。

他の「死にゲー」と違い、「仁王2」はマップがミッションごとに区切られているのでメリハリがありましたね。

「マップが小さいのでは?」という声も聞こえてきそうですが、ご安心ください、相当入り組んでおります。

このゲームはこんな方向け

・歯応えのあるアクションゲームを遊びたい
・戦国時代が好き
・和のテイストが好き

 1.「仁王2」の概要

発売日 2020年3月12日
ジャンル アクション/RPG
開発 コーエーテクモゲームス
ハード PS4
公式サイト 仁王2
画像 ゲーム内スクリーンショット、引用の場合は引用元も転載しています。

 

 2.「仁王2」のここが面白い

 2.1.新要素の「妖怪技」で広がる戦略の幅

「仁王2」から追加された新要素に、入手した妖怪の魂代を守護霊に装備して固有の「妖怪技」を使うというものがあります。

この魂代は武器や防具同様にプレーヤーに様々な恩恵を与えてくれますので「あれ?難易度が下がってしまうのでは?」と危惧しましたが、そんなことは決してありませんでした

まず使い放題という事でもありませんし、使いどころを間違えると落下(飛び道具だけでなく自分が動く技もあるため)して即終わりという事も多々ありました。

それでも囲まれた時の牽制にはなりますし、武器とガード以外の対応策が増えたので戦闘はより楽しく感じました。

 2.2.ボス戦で試行錯誤する楽しみ

「仁王2」では、ボス戦が多くのアクションゲームにおけるゴリ押しがあまり有効ではありません。

”手持ちの装備や能力を考慮し、ボスの動きをよく観察したうえで攻撃する”というあらゆることに考えを巡らすことになります。

まさにゲームを全力で楽しんでいる感覚が味わえるのです。

 2.3.豊富な図説システム

「仁王2」ではゲームを進めるほど登場人物の紹介などが増えていきます。「人物名鑑」や「妖怪図説」 などジャンルいくつかあり、戦国時代に詳しくない私でも興味を持って閲覧できました

各人物とのイベントをこなしていったり妖怪を一定回数以上討伐することで情報が更新されていくシステムになっているので、積極的にサブミッションをこなしていくモチベーションの維持にも繋がります。

説明文を非表示にしてキャラクターを眺めることも可能
聞いたことのある妖怪からマニアックな妖怪の図説まで豊富にあります

 3.「仁王2」のここがイマイチ

 3.1.同行するNPCキャラクターの動きが悪い

一部のミッションでは他のキャラクターが同行してくれるものがあるのですが、そのNPCの動きの悪さが気になりました。

具体的にいうと、少し曲がりくねった道を歩く際に簡単に引っかかってしまうのです。

それに気づかずにドンドンと進んでしまうと、一度様子を見に戻らないといけないという事態が結構な頻度で発生しました。

 3.2.主人公が一切喋らないキャラクターのため感情移入しにくい

「仁王2」では主人公がキャラクタークリエイト可能なオリジナルキャラクターとなっています。

そのため主人公はセリフを喋らない状態が続いてしまい、主人公に対して感情移入ができずにストーリーが終わってしまいました。

キャラクタークリエイトが好きな人は凝りに凝って作ったマイキャラがそのまま愛着が湧くことに繋がると思います。

ただ、私のようにキャラクタークリエイトなどに興味がなくほぼデフォルトで作ってしまう人にはストーリー面が少し味気なく感じてしまうかもしれません。

これは前作「仁王」の主人公が「ウィリアム」という固定のキャラクターだったことも起因しており、より強く感じてしまいました。

 4.「仁王2」まとめ

前作と比べてどうかと問われると、間違いなく前作を越える面白さがあります。

主人公がクリエイトできる代わりにストーリーに感情移入できない点はささいな事にすぎません。そんなことは関係がなく本作は楽しめました


また前作「仁王」を遊んでいなくても全く問題ありません。「仁王2」から入って「仁王」を遊んでみるのも面白いと思いますよ!

ただ、本当のゲーム初心者の方はご注意ください、難しいです(*´Д`)。

今日も読んで頂きありがとうございました!
記事作成:Genn(@GennJump)