ゲームレビュー

【レビュー】「Destruction AllStars」(感想)ただの車のぶつかり合いにとどまらないキャラクター達が魅力のドライブアクションゲーム!

 

こんにちは!Genn(@GennJump)です。
今回は「Destruction Allstar」についてレビューしていきます。

元々は去年発売されたPS5と同時に発売される予定でしたが、諸般の事情で2021年2月2日にリリースされたゲームです。

なんとこのゲーム、Playstation Plus(PS Plus)加入者なら2021年4月5日(月)まで追加料金なしで遊べちゃうんです(新作ソフトなのに(>_<))!

派手なアクションやスキルを使って相手のマシンを壊す爽快感はもちろんですが、それ以上に「スター」と呼ばれるキャラクター達がとても魅力的なんです!

車のどつきあいがメインのドライブアクションゲームはドライバーとなるキャラクターは、語弊を恐れるずに言うとそれほど練り込まれてないものがほとんどというのが印象です

少しでも参考になれば幸いです。

このゲームは次の方にオススメです。
・難しく考えずにドライブアクションに没頭したい
・キャラクターにも魅力が欲しい

発売日 2021年2月2日配信(PS Plus加入者は4月5日(月)までフリープレイ)
ジャンル ドライブアクション
メーカー ソニーインタラクティブエンターテインメント(開発・Lucid Games)
ハード PS5
公式サイト ディストラクションオールスターズ

 1.「Destruction AllStars」とは

最大16人でオンライン対戦ができるマシンを使ってのドライブアクションゲームです。

基本は4つのモードから対戦することになります。

・MayHem(メイヘム):対戦相手を攻撃、破壊、乗っ取りをしてポイントを一番入手したものが勝利

・Carnado(カーネード):攻撃をしてギアを溜め、ステージ中央にあるカーネード(竜巻)に車ごと突っ込んで(下記画像参照)ポイントを一番入手したものが勝利・Stockpile(ストックパイル):対戦相手を攻撃してギアを溜めてステージ上にある3つのバンクに最大ポイントを溜めるまたはタイムアップ時にバンクの制圧数が多いほうが勝利

この他にも「チャレンジシリーズ」という各スターのエピソードが見れるモードではタイムトライアル「Crash Course」やステージ内の人物を制限時間内に送り届ける「Transporter」などバラエティーに富んだゲームが遊べます。

最初のウルティモ・バリカードだけ無料で以降は有料になります。

 2.ハプティックとアダブティブトリガーで没入感倍増

PS5専用タイトルだけあってハプティックフィードバックやアダブティブトリガー(ハプティックやアダブティブトリガーについてはこちら)による衝撃が凄かったです。

この機能だけで他の今でのレーシングゲームとは一線を画しているといっても過言ではありません。
マシンがぶつかったときなどもぶつかった方向から衝撃が伝わってくるんですよ!

他にもドリフトをしているときも握っているグリップ部分が軸になっている方が振動するなど「よくここまで細かく振動をコントロールできるな」と感心してしまいました。

相手にとどめを刺すときの演出時(下記動画参照)も振動方向が正確なのでより臨場感のあるゲームを楽しめます。

方向はもちろん、振動する力加減も意識してみると強い振動から微振動へと変化しているのが分かるのでそういうところも着目しながら遊ぶとより楽しいかもしれません。

アダブティブトリガーもR2ボタンが発進/加速なのですが、発進時はボタンの感触が固くなる感じがして強く押し込まないといけません。

かと思いきや、加速中はすごくふにゃッとしているという状況に応じて伝わってくる感触が違うので没入感が凄かったです。

 3.魅了的なキャラクター達

キャラクター選択画面でこんなに心を奪われたのは初めてでした。

リズムを取りたくなるようなBGMに加えて静止画像ではなく個性のある動きをしているキャラクター達に選択画面から好感を感じましたね。

参考までにツイッターに貼ったものをご覧ください(※音量注意)。


「スター」と呼ばれるだけあって対戦がはじまる所も気合が入ってますね。
毎回キャラクター毎に短めのムービーから入るのですが、どれもキャラクターの個性が出ていて見ていて楽しいです。

お気に入りは「BlueFang」
試合開始時にプレイヤー側にも向いてくれるファンサービス旺盛なナイスガイですw

 4.「Destruction AllStars」のここが気になる‐対戦時のBGMがない‐

トップ画面や選択画面で中毒性のあるBGMが聴けたので対戦中も何かしらかっこいいBGMを期待していたら何と対戦中はBGMが無いんです。

キャラクターのセリフや実況の声やSE(効果音)等はあるもののBGMだけ何故か無く、今からアップデートでBGMを入れてほしいと思えるくらい個人的には残念でした。

 5.まとめ

最初はただマシンがぶつかり合うだけのシンプルなゲームを想像していましたが、実際はキャラクターの一人一人丁寧に作られていて個性があり、ゲームモードも多彩で楽しむ事ができました。

PS5専用タイトルなだけあってハプティックフィードバックやアダブティブトリガーといった機能も存分に堪能できます。

また、これはPS5の特徴を鑑みると今後当たり前になってきそうなのであえて書きませんでしたが、ロード時間がありませんでした。

ゲームを起動してから始められるまでの時間が本当に早いです。
PS5であまり遊ぶソフトがないという方にもオススメできるゲームです。

記事作成:Genn(@GennJump)