PlayStation5

【PlayStation5 】性能など現時点で判明していること

こんにちは!Genn(@GennJump) です。

今回の記事はこんな人向け

・「Playstation5」の性能や発売時期など現状判明していることを知りたい

 「プレイステーション5」に名称決定

ソニー・インタラクティブエンターテインメント(以降SIE)は次世代コンソール機の名称を「プレイステーション5(PS5)」、そして発売時期は2020年の年末商戦期に決定したというアナウンスを10月にしました。

 「プレイステーション5」スペック

 本体

  • 超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
  • AMD社製カスタムチップ搭載
  • CPU:x86-64-AMD Ryzen “Zen2”,8cores/16 threads
  • GPU:AMD Radeon™RDNA(Radeon DNA)-based graphics engine
  • 3Dオーディオ処理専用ユニット
  • ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
  • PlayStation4タイトルとの互換性実現に向けた設計
  • PlayStation VR対応

 コントローラー

  • ハプティック技術搭載
  • L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダブティブトリガーを採用

 物理メディア

  • Ultra HD Blu-ray
  • ゲームディスクとしての容量は100GBに

引用:ファミ通.com

 結局、どういうこと?

正直、上記のスペックを見てもよくわからないですよね?ここからは、出来るだけ分かりやすいようにお伝えします。

 「プレイステーション5」驚異のロード時間の速さ

画像出典https://www.famitsu.com/news/201905/21176535.html

特徴の一つとしてロード時間が「プレイステーション5」の場合だと約7,8倍短縮されることが挙げられます上記は[「PlayStation4 Pro」というシリーズの中の最上位機種とのロード時間の比較画像です。

しかも上の比較モデルは現在の開発している未公開の最新の状態より遅いもの、つまり完成品はもっと速度が速くなっていることが期待できます。

「プレイステーション5」の物理メディアって?

物理メディアが「Ultra HD Blu-ray」ということは、現在販売されている映画などの映像系メディアの「Ultra HD Blu-ray」も再生できる可能性があることを意味しています(現在のところSIEは未回答)。

下記の表をご覧ください。

初代プレイステーション CDプレイヤー
プレイステーション2 DVDプレイヤー
プレイステーション3 Blu-rayプレイヤー
プレイステーション4 Blu-rayプレイヤー

過去の「プレイステーション」は当時のメディアが再生可能だったことを鑑みると、次世代機である「プレイステーション5」にも「Blu-ray」の後継媒体となる「Ultra HD Blu-ray」の再生ができるのではと期待が高まります。

また、「Ultra HD Blu-ray」という物理メディアがあるということは、「プレイステーション5」用ゲームソフトは「ダウンロード版」以外のパッケージ版の販売もあることを意味します。

「プレイステーション5」のソフトの価格は不明ですが、現状ゲームソフトの最新作はパッケージ版の方が値段が安いことが多いので家計に助かります。

 「プレイステーション5」コントローラーのハプティック技術って?

ハプティックス:触覚を通じて情報を伝達する技術・学問分野のことである。

ハプティックスは、振動や衝撃などをユーザーインターフェースの一部として使用する。代表例として、タッチインターフェースにおいて入力が確実に行われたことを振動で示したり、ゲーム中のアクションの激しさをコントローラーの振動で演出したり、といった使用法を挙げることができる。

Weblio辞書より引用~

要するに、コントローラーが振動する機能のことです。

この機能自体は、初代プレイステーションのデュアルショック以降各世代のコントローラーに実装されています。

「プレイステーション5」ではこのハプティック技術が大幅な進化を遂げているとのこと。具体例を挙げると、雨がしとしと降っている様子や雹(ひょう)が降っている様子がコントローラーの触覚を通してプレイヤーにフィードバックされるとのことです。

考えにくいですが、コントローラーが温かくなったり、少しヒンヤリするなど振動以外の表現方法があるということではないか予想しています(※あくまで予想です)。

 L2・R2ボタンのアダブティブトリガーとは?

現在の「PS4」のコントローラーである「デュアルショック4」にも付いているトリガーボタン(L2・R2ボタン)が「プレイステーション5」では抵抗力がプログラミングできるようになったとのこと。

例えば、弓を引くときに最初は強く押し込まないと引けないが自分のキャラクターの筋力(というパラメーター)が上がるにつれて徐々に弓の抵抗(ボタンを押し込む力)が弱くなっていくなどより細かな力加減が実現できます。

 PlayStation4タイトルとの互換性実現に向けた設計

SIEの公式発表では「互換性の実現は考えていて現在完全な互換が可能か検証中」とのことで・互換は考えいているがどこまでできるか検討中・といった状況のようです。

 PlayStation VR対応

SIEも「PSVR」は今後もゲーム事業にとって重要な位置づけにあると認識しているようで、PSVRのヘッドセットは「プレイステーション5」と互換性があると発表をしています。

まとめ

「プレイステーション5」の現時点で判明していることをまとめると
・ロード時間が驚異的に速い
・コントローラーのハプティック技術が新しい段階にきている
・PS4とのソフトの互換性はあるがどこまでできるか検証中
・PSVRとは互換性がある
・ダウンロード版だけではなくパッケージ版もある

今日も読んで頂きありがとうございました!
記事作成: Genn(@GennJump)