書評

【書評・感想】小説・FINALFANTASYXV‐The Dawn Of The Future‐~本編を遊んだ人には是非読んでほしい~ ※ゲーム本編のネタバレあり

こんにちは、Genn(@genn-jump-start0823)です。本日ご紹介するのは、小説FINALFANTASY XV-The Dawn Of The Future- となります。

※FINALFANTASYXV本編のネタバレがこの記事にはあります!!

 FINALFANTASY XV-The Dawn Of The Future- とは

小説FINALFANTASY XV-The Dawn Of The Future- は映島 巡著及び「FINAL FANTASY XV」開発チーム監修のもと株式会社スクエアエニックスより発行されたFINALFANTASY XV(ゲームの記事はこちら)の真のエンディングとして用意されていた4つのDLCの小説版です。

この小説は、本来スクエアエニックスが配信するはずだったアーデン、アラネア、ルナフレーナ、ノクティスの4つのDLCが元となっています。

DLCは残念ながら諸般の事情により最初のアーデンのエピソード以降は開発の中止が決定しています。おそらくファンに何とか形にしようと思いこのような形式を取ったのではと推測されます。

この小説はアーデン・アラネア・ルナフレーナ・ノクティスという4人のキャラクターエピソードから成るオムニバス形式(いくつかの独立したストーリーを用意して一つの大きなストーリーにする形式)となっています。

 各エピソードの紹介

簡単に各エピソードの内容をご紹介します。

CONTENTS

聖者の迷い
終わりの始まり
自由への選択
最後の剣

小説 FINAL FANTASY XV-The Dawn Of The Future- デジタルスペシャル版(デジタル版GAME NOVELS)より引用

 聖者の迷い:アーデン・イズニア

画像出典https://www.famitsu.com/matome/ff15/images/000/102/437/56f927b90d274.html

聖者の迷い:ニフルハイム帝国宰相アーデン・イズニア、その正体は魔法国家ルシス初代王座に就くはずだったアーデン・ルシス・チェラム、その人だった。彼がいかにして「ルシス」の名を棄て去り「イズニア」の名を名乗ったのか。


 終わりの始まり:アラネア・ハイウィンド

画像出典https://www.famitsu.com/news/201704/07130661.html

終わりの始まり:ニフルハイム帝国空中機動師団准将アラネア。
自分たちの使い方に不満を募らせていた元傭兵のアラネア。帝国からの離脱を考えた矢先、帝国の内側から大量の・シガイ・が出現。これを迎撃する中、ある一人の少女と出会う—。


 自由への選択:ルナフレーナ・ノックス・フルーレ

自由への選択:「神凪の巫女」ルナフレーナ・ノックス・フルーレ。アーデンの凶刃に倒れ、死んだはずのルナフレーナは生きていた。何故自分は死んでいないのか?疑問を抱きながらも崩壊した世界を旅する彼女の胸に去来する想いとは?


 最後の剣:ノクティス・ルシス・チェラム

最後の剣:帝都グラレア、ジグナタス要塞の最奥でクリスタルに飲み込まれたノクティス。クリスタルの中で真の王としてなすべき事を決意し、世界を覆う闇を払うべく王都インソムニアへと舞い戻ったノクティス。彼はそこで、真になすべき事を知る。

 感想

オムニバス形式でしかも4人もキャラクターがいるので最初内容はそんなにないかなと考えていたら決してそんな事はなく、十分過ぎるほどのボリュームでした。
特にFINALFANTASYXV本編のエンディングで何故ノクティスはあんな事になったのかちゃんと説明されていたのが良かったです。

他のアーデン、アラネア、ルナフレーナの3人もキャラクターとしてちゃんと確立しており、読み応えがありました。ただ、どうしても言いたいのでこちらで言ってしまいます。

悪りぃ、やっぱ、ゲームでやりたかったわ( ´Д`)y━・

だって、文章なのに動きとかがアリアリと浮かんでくるんですもん(特にアラネア編なんか大変な空中アクションシーンだと思う)。

と、まあ少し愚痴めいてしまいましたがこの小説は以下の人に大プッシュします

ゲーム本編を遊んでエンディングの件にいまいち納得出来なかった。
または「???」となっている方。
DLCが中止になってガッカリした方。

3つのDLCが制作中止となりガッカリした気持ちもよくわかります、僕もそうでしたから。読んだ人全員が納得できるとまでは言いません。ですが、この小説にFINALFANTASYXVの真のエンディングが詰まってます。是非とも本編を遊んだ方はお読みください!

今日も読んで頂きありがとうございました‼️