ゲーム

【ゲーム評価・感想】ペルソナ5 ダンシング・スターナイト 〜怪盗団だって踊ります!〜

こんにちは、ペルソナ5 ザ・ロイヤルの後はこのソフトの紹介と決めていましたGenn(@genn-jump-start0823)です。今日も最後までお付き合いいただければ幸いです。

 ペルソナ5 ダンシング・スターナイトとは

画像出典http://persona-dance.jp/p5d/

ペルソナ5 ダンシングスターナイトは2018年5月24に発売されたペルソナ5初のスピンオフ作品の音楽ゲームです。

ペルソナシリーズの音楽ゲームは2015年6月25日に発売されたペルソナ4 ダンシング・オールナイト以来ですね(私はP4Dは未プレイですが。)。

しかも今回はペルソナ3 ダンシング・ムーンナイトと同時発売をしたことでも注目が集まりました。

 ゲームシステム

画像出典http://persona-dance.jp/p5d/

 Dancingモード

ペルソナ5のキャラクター達がBGMに合わせて躍るモード。多種多様なキャラクターの掛け合いが見れます。

画像出典http://persona-dance.jp/p5d/

 Commuモード

曲をクリアしていくとキャラクターのイベントが発生するモード。
イベントをクリアしていくとコスチュームをもらえたり自室に招かれたりします。

 ペルソナ5 ダンシング・スターナイトを遊んでみての感想

 キャラクターの掛け合いは見ていて楽しい

画像出典http://persona-dance.jp/p5d/

P5Dでは本編なのでは見られないキャラクター同士の組み合わせが
多くあります。怪盗団のメンバーとジュスティーヌ&カロリーヌの絡みは見ていて面白かったです。

そもそもメンバーが手伝うキッカケとして、怪盗団のリーダーである主人公が2人の世話になったのなら恩返し的な意味も含めてやろうという関係性がこのゲームならではと感じました。

 音楽ゲームとしての面白さ

画像出典http://persona-dance.jp/p5d/

音楽を演奏中の演出がとても見応えがあります。ダンスの動きがキャラクターそれぞれに個性があり、何より

こんなに喋るの⁉️

っていうくらい演奏中にキャラが喋りまくります。

音楽ゲームは演奏中はプレイに集中するため演出まで見ている余裕がそんなにありません(少なくとも僕は(*´Д`))。ですが、耳は別です。音楽に集中しているのですから必然的に怪盗団のセリフも聞こえてきます。

見てよし聞いてよしの演出構成は必見です。

もちろん、曲をクリア後は「パーフェクト鑑賞」モードといってじっくり鑑賞できるモードもあるのでご安心ください。

 ストーリー性がちょっと・・・

気になるというかやはり本編後の話の為か、一見さんお断りな所があり万人向けのソフトではない感は否めません。
可能ならば前作ペルソナ5を遊ばれることをオススメします。

言い換えるとファンは買って全く損はありませんよ!

 まとめ

やはり使用されている曲がとってもカッコいいですよね。純粋に音楽ゲームとしては曲数が少なく感じる人もいると思います。ただ元のP5がRPGであったことを踏まえるととんでもなく面白い音楽ゲームに仕上がっていますよ。

演奏中の演出やその時のキャラクターの掛け声などは下手な音楽ゲームよりもクオリティは高く感じました。

来月発売のペルソナ5・ザ・ロイヤルを遊んだあとは是非このペルソナ5 ダンシング・スターナイトを遊んでみてください!

今日も読んで頂きありがとうございました‼️
今日の一言:P5Dもペルソナ5・ザ・ロイヤルみたいに豪華版を発売してほしい・・・。