ゲームソフト売上ランキング

【ゲームソフト&ハード売上ランキング】龍が如く7‐光と闇の行方‐が首位!(集計期間2020/1/13~1/19)

どうも、Genn(@GennJump)です!今回もゲームソフト&ハード売上ランキング(集計期間:2020/1/13~1/19)を発表していきます。

この記事はこんな人向け
どんなゲームが売れているか知りたい

 今週のゲーム売上ランキング

 

1.龍が如く7‐光と闇の行方‐(初) 156,993 累計 156,993
2.ドラゴンボールZ KAKAROT(初) 89,537 累計 89,537
3.ポケットモンスター ソード・シールド 55,604 累計   3,312,358 
4.リングフィット アドベンチャー 35,860 累計 583,429
5.三國志14(初) 20,095 累計 20,095
6.幻影異聞録♯FE Encore(初) 57,212 累計 91,908
7.東北大学加齢医学研究所 川島降太教授監修 脳を鍛える大人のNintedo Switch トレーニング 53,379 累計 248,507
8.Switch Minecraft 13,919 累計 1,222,666
9.マリオカート8 デラックス 12,370 累計 2,737,674
10. 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 12,347 累計 3,522,802

参考:ファミ通
青字はPS4 赤字はNintendoSwitch 

 龍が如く7‐光と闇の行方‐

前作「龍が如く6 命の詩。」が2016年12月8日に発売されて以降、初のナンバリングのタイトルです。

前作が初週売り上げ201,211本であったことを考えるとやや見劣りする結果ですが、長年の主人公「桐生一馬」から新主人公「春日一番」へとバトンタッチし戦闘システムもアクションからRPGへと変更するなどシリーズファンは期待半分不安半分な中にあって決して悲観的な数値ではないと思います。

今後じわじわと売れてくるのか、注目です。

https://game-channel.net/龍が如く7%ef%bc%8d光と闇の行方%ef%bc%8dのあれこれ/
当ブログの龍が如く7‐光と闇の行方‐記事はこちら!

 ドラゴンボールZ KAKAROT

原作愛に満ちた「ドラゴンボールZ KAKAROT」が見事初週売り上げ2位に輝きました。今作では今までは裏設定としてだけあった初公開となるシーンなどが話題となり発売後もインターネット動画などで人気を博しており、次回以降のランキングでも目が離せません。

 ポケットモンスターソード・シールド

9週連続1位を逃したものの累計で330万本を突破し既に329万5293本売れていた「スプラトゥーン2」を抜いてSwitch史上2位の売上ソフトの座につきました。有料追加DLである「エキスパンションパス」も発表されたので、今後もランキング圏外にはいかなそうですね。

続いてゲームハード売上ランキングを見ていきます!

 ゲームハード売上ランキング

Switch 62,920 累計 10,653,744
Switch Lite 33,538 累計 1,227,273
PS4  4,178 累計 7,389,283
PS4Pro 2,147 累計 1,430,888
Xbox One X 41 累計 18,843
Xbox One S 33 累計 92,722

SwitchとSwitch Lite合わせてになりますが10万本近く売れているのはさすがの一言です。
今回はここまで。
個人的に神田川JET GIRLSが圏外(12位)だったのが少し残念でした。
今日も読んで頂きありがとうございました!
記事作成:Genn(@GennJump)

RELATED POST